« ラジオ修理 近況と再開予定 | トップページ | 2017年 明けまして おめでとうございます。 »

2016年6月29日 (水)

古いラジオの修理

今回の修理例は VICTOR 2バンドホームラジオ 5H-258

I様よりご依頼いただいた お亡くなりになったお母様が使われていた ご家族の思い出の品で 動作しないままにしておくのは心苦しいとのことで 今回、当方を見つけていただき修理依頼いただきました。

回路はシリコントランジスタ5石(CANタイプの石)のスーパーヘテロダイン 2バンド受信機です。回路構成は真空管ラジオからの踏襲です。 私も趣味で 小 中学生の頃にいじっていましたので その当時のラジオとほぼ同じ回路で非常に懐かしいです。 

ゲルマニウムトランジスタの時代が終わりシリコントランジスタに変わった時代のラジオです。 CANタイプのシリコントランジスタは今となっては貴重ですね。

長年使われたため 初期はこの写真のような状態でした。年期を感じます。

Vrdo

音は全く出ません ハム音が出るため音声系の回路は生きています。

修理経緯

・一部 外部入力に切り替えるための配線改造箇所がありましたのでオリジナル回路に復元(動作しない部分の修理完了)

 

他の故障および問題点確認

・基本動作確認 OK 音声も正常 但し歪み、ノイズ、ボリウムガリ多い

修理

・分解 洗浄、掃除、乾燥

・ダイヤル糸確認、調整

・電解コンデンサー交換

・ボリウム洗浄

・直流バイアス確認 他、半導体動作点確認

・スピーカー穴あき修理

修理後の内部写真

Raji3

調整、計測

・IF調整

・オシロスコープにより RF OSC 波形確認

・SGによりダイヤル:周波数調整 トラッキング調整

・SGにてAM変調した波形を受信し、検波出力の音声波形をオシロスコープで確認

・音声増幅回路の歪確認 

・エージング

以上で正常となりI様にお渡ししました。

仕上がりの写真は下記です。 キレイになりました。

Vr

今回はご利用ありがとうございました。

復活したラジオ まだまだ動いてほしいですね。

|

« ラジオ修理 近況と再開予定 | トップページ | 2017年 明けまして おめでとうございます。 »

コメント

修理して頂きたい現物は何処へ送ったら良いのですかお知らせください。

投稿: 黒沢 秀行 | 2017年8月23日 (水) 12:34

古いラジオの修理屋さんをさがしています。生前、父が使っていたラジオです。
SONY製で木の箱で、持ち運び出来るタイプです。

投稿: 榊 先太朗 | 2019年8月25日 (日) 14:17

古いラジオの修理を多数手がけておられるとのことで、修理の相談をさせてください。
ラジオは、ナショナルのペッパーラジオR-025(AMとMW)で、1985頃のものです。電源が入り、音が出るのですが、数秒で音が小さくなり消えてしまいます。
ボリュームに接触改善スプレーを吹き付けました。すぐに良くなったのですが、しばらくしたら、もとの症状に戻りました。これは、修理できますか。
修理可能でしたら、是非お願いしたいと思います。
ピンクレディーがCMしていたもので、愛着があります。
よろしくお願いいたします。

投稿: 大泉 勝利 | 2020年1月17日 (金) 14:30

ホンダ製 1968年式N360という車に乗っています。
走行中にラジオを聞いていたんですが、
突然煙が出てきてショートし聞けなくなってしまいました。
車のラジオでも修理可能でしょうか?
よろしくお願い致します。 

投稿: 山本和弘 | 2020年2月 8日 (土) 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古いラジオの修理:

« ラジオ修理 近況と再開予定 | トップページ | 2017年 明けまして おめでとうございます。 »