« 古いラジオの修理 SONY ICF-7600D | トップページ | 古いラジオの修理:TRIO FMステレオアダプター AD-5調整 »

2014年2月15日 (土)

古いラジオの修理(TRIO FX46K 真空管 FMステレオ・チューナー)

お客様から依頼いただいた古い真空管 FM ステレオチューナーの修理です。 

症状

・Sメータ 動かない

・モノラルは聞こえるがステレオにならない

・周波数ズレ

・感度が悪い

・歪みあり

真空管チューナーの音が好きで 修理して大切に使いたい方からのご依頼です。

TRIO FX46K  

Raji1

Raji4

古いため半田割れ 接触不良などあり 足研磨して半田付け治し多数

メーター故障は接触不良でした。

Raji6

周波数調整 トラッキング調整 帯域調整 感度調整 FMデイスクリ調整により 周波数ズレ 歪み 解決

AFC機能、周波数引き込み範囲確認 

マルチプレックス回路 コンデンサー故障 交換 半固定ボリウム交換 セパレーション調整 他 オシロスコープによる観測と VR コイルコアの調整により パイロットキャリア増幅 STEREOランプ点灯 ステレオ復調 解決

Raji7

明日1日 視聴してから発送予定です。 

Raji3

到着後 お客様の耳で聞いていただいてOKでしたら修理完了です。 

 

|

« 古いラジオの修理 SONY ICF-7600D | トップページ | 古いラジオの修理:TRIO FMステレオアダプター AD-5調整 »

コメント

完璧な修理に感動しています。40年以上前のチューナーを復活させる技術のすばらしさにおどろきました。キューイーエル様を頼って本当によかったなと思っています。真空管の音のすばらしさをじっくり堪能しています。けっしてスペックだけではないのですね。そう考えるとオーディオってあまり進歩していないんだなと考えてしまいました。本当にありがとうございました。

投稿: 山口K | 2014年2月21日 (金) 17:46

今回は ご利用ありがとうございました。
喜んでいただけて はげみになります。

良い音で鳴っているようで安心致しました。
FM放送の形式自体が変わっていませんので進化は 受ける回路だけの差ですね。

当時の機器はFMのパイロットキャリアが聞こえてしまうのですが 19KHzが聞こえない年齢になると気になりません。 若い方はフィルタースイッチをONにしないと耳障りだと言うかも知れません。

真空管のステレオFMチューナーは今 残っているのは珍しいです。 

私が中学生の頃 良く調整していましたので今でも覚えていましたのですべての調整が出来ました。

この当時のものは調整したいカ所には調整ネジがありますので修理する側としては調整がし易いものです。
ただ 何の調整かを知らないで1カ所でもいじってしまうと聞こえなくなってしまうのもこの頃のチューナーです。
調整で帯域が不足してしまって位相が乱れてしまうと音も変わってしまったりもします。

真空管の機器はほぼ全回路がA級増幅で軽く動いていますので音は良いものです。
コンデンサーの音が出てしまうのだけが欠点ですが それも味があるものです。

真空管は問題なく 今回の調整で機能は安定してますので、まだ使えると思います。 
大切に使ってください。

投稿: Q | 2014年2月22日 (土) 09:58

修理の手際素晴らしいですね

実は
トリオのFMチューナーL-02Tを
回路修正をしていただける方を
探しています。
ご検討いただけないでしょうか

投稿: 奥野 正美 | 2014年5月18日 (日) 15:36

奥野様 L-02T 私も愛用しております。

回路修正可能です。 

キューイーエルのホームページから型式名を記載した題名でメールをお願いいたします。

投稿: Q | 2014年9月 6日 (土) 13:30

この修理の後 FX46K 修理依頼が1台あり 清掃 接触不良修理 部品交換 受信部、MPXの調整を行いました。
真空管のチューナーの音はなんとも言えない味がありますね。

投稿: Q | 2014年9月 6日 (土) 13:34

トリオの管球式のMPXアダプター(FMステレオ復調機)のオーバーホールは可能でしょうか?
トリオ製品のロット番号的にかなり古いものです。
電源コードとMPXケーブルが切断されていたものを直し、スパークキラーコンデンサが破裂したものを直しましたが、計測機器もなく、出力バランスに左右差出ます。
山水のモノラルチューナーを改造してこのMPXユニットと接続してステレオ再生しております。
ネット上の拾い物で回路図はあります。
TRIO AD-5です。

投稿: M.Ando | 2014年9月12日 (金) 15:06

M.Ando 様

オーバーホール可能です。 学生時代に見たことがあります。

回路図があれば問題なく治せると思いますので キューイーエルのホームページから型式名を記載した題名でメールをお願いいたします。

投稿: Q | 2014年9月13日 (土) 22:21

ホームページよりメールにてご相談させていただきました。
回路図も添付致しました。よろしくお願い致します。

投稿: M.Ando | 2014年9月14日 (日) 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172153/59133145

この記事へのトラックバック一覧です: 古いラジオの修理(TRIO FX46K 真空管 FMステレオ・チューナー):

« 古いラジオの修理 SONY ICF-7600D | トップページ | 古いラジオの修理:TRIO FMステレオアダプター AD-5調整 »