« 2009年1月 | トップページ | 2010年10月 »

2009年4月

2009年4月 2日 (木)

古い電気製品の安全

近年は 販売店から製品を販売して そのサポートをその販売店で行うことも少ないため昔の電気屋さんとのつきあいのように 機器の状態を家庭訪問で把握するなどが無い方は 古い製品になると自己の責任で製品を管理しているということをわすれがちになり ホコリにまみれた製品を長年使うこともあるようです。

以下は 住宅設備の関連で私の修理サービスの範囲外ではありますが ユーザーの方には参考になるので記載しておくことにします。

4月1日から 消費生活用製品安全法が改正 されました

IZA

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/229194/

YAHOOニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090401-00000561-san-soci

引用 

対象機種
ビルトイン式電気食器洗い機、浴室用電気乾燥機、石油風呂釜、石油給湯機、密閉燃焼式石油温風暖房機、屋内式ガス瞬間湯沸かし器(都市ガスまたはLPガス)、屋内式ガス風呂釜(同)-の7品目。いずれも、使用10年以上で経年劣化による重大事故の発生率が高いことが、経済産業省の調査で判明した製品

引用ここまで

今後は これらの製品は 新しい製品は メーカーが 設計時に考慮している耐用年数を記載 。 ユーザーも ユーザー登録をして追跡しやすくする仕組み。
安全のためとサポートを受けるために 知っておきたい改正点の1つです

メーカーは今までのように生産打ち切り後7年程度で部品供給停止をしないで 耐用年数までは供給しなければなりません。 また 点検も連絡したり要請があればしなければなりません。 
この景気悪化の中 メーカーは大変そうです。
今までの 安価な価格体系では無理かも知れませんが 該当機種はいづれも住宅設備的なものなので単に安価を追う方は少ないと思うので成り立ちそうですね。

今まで 汚れや経年劣化をほとんど気にせず一般の耐用年数(通常は最長でも10年)以上使い続けている物などでも 一度も清掃点検せず ホコリまみれでも放置していたこと また ユーザーが掃除や点検をすることを 再認識すべき時点なのかも知れません。

古いものを長く使いたい場合は ホコリが貯まらないように 定期的に掃除するなどは必須です。

自分の回りで、現在使っている古い機種の掃除、点検や修理や交換を決断する良い機会かも知れませんね。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2010年10月 »