« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月 6日 (土)

古いジュークボックスの修理

アメリカ製の古い 真空管式のジュークボックスの修理の依頼を受け 少しづつですが 修理 調整を行っています。 今回は所有者の水戸市のお客様より了解を得ましたので写真を掲載させていただきます。

製造年は1955年 私が生まれる5年前の製品 外観などはメッキ部分もレストアされ大変綺麗です。 あとは 内部回路の修復で生き返ります。

セレクターは電気式で記憶はコアメモリーを真空管のロジック回路で働かせています。

アンプは6L6のプッシュプルのモノラル構成 トーンコントロールはハイカットスイッチと

ローブーストの回路が付いています。 

アンプとしての回路的には一般的ですが ロジック系は細部にわたり 少ない部品で規

定の動作をさせるという意味では感心することばかりです。

・外観写真 200曲 収容レコード数は100枚。

・内部

・部品の故障例

・真空管試験器で真空管の劣化を計測中のようす

・ピックアップの部分 

 この機器ではマグネチック式両面再生用のカートリッジを使っています

 音の特性の悪い圧電セラミック式ではないので音にこだわった機器だったのでしょう

Juh1

Ju2

Ju3

Jus1

Ju1

今回 この機器に回路追加で ワイヤードの音量調整と外部入力端子を付けました。 

ラジオ ipodなどの入力を入れて音を出すことができます。

このジュークボックスも電圧や歪率は計測器で計測をして基本性能を確認できたら耳の判断になります。 年末までには 修理完了予定です。

私は 回路を覚えたのは真空管回路からです。 ですので状態を見るだけでおおよその回路は理解できます。 

Q-EL では このような 古くても思い入れのあるものは修理するという1例として記事を書いてみました。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »