« 24V系車両へ12V用カーステレオ取付け | トップページ | 陶器のスピーカーエンクロージャー »

2007年2月25日 (日)

試聴用スピーカー

キットの試作の試聴用に 

Victor の 木製振動板のスピーカー SX-WD5

http://www.jvc-victor.co.jp/audio_w/hifi/sx-wd5/index.html

を購入しました。

木製の振動板で独特の雰囲気を出してくれます。  ツイーターと ウーファー どちらも振動板が木で出来ています。

ジャズを聞いた音の感じは私の好みでした。

低音が足りませんがこのサイズでは低音の限界は仕方ないものですからサブウーファーで補う方法が良いと思います。

ビクターのスピーカーはZERO3 ZERO5の頃から聞いていますが 音楽を楽しむスピーカーだと感じます。(ダイヤトーンやYAMAHAとはちょっと聞こえ方が異なる)

外観の仕上げは良く、価格から見ても充分納得の行くレベルです。 エンクロージャーはリア抜きのバスレフ式。このクラスでは遊び心があるスピーカーに感じます。

前面

Front_4

裏面

Rea1_3

木製ウーファー

Wf1_2

木製ツイーター

Tw1_2

                  

                   

今日から音出し、慣らし中ですが、最初の音の印象はさすがにメーカーが検討しきって出てきただけのことは有ります。 

さて、真空管オーデイオアンプキットはまだ試作実験中ですが、ほぼまとまりつつあります。

中途半端では出せないので、特性や温度、信頼性、特性の個体ばらつきに問題が無ければまずは関係者で試聴予定です。 

この時期 期末は仕事が重なり、なかなかまとまった時間が取れず進行が遅いですが少しづつ進んでは居ます。

|

« 24V系車両へ12V用カーステレオ取付け | トップページ | 陶器のスピーカーエンクロージャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24V系車両へ12V用カーステレオ取付け | トップページ | 陶器のスピーカーエンクロージャー »