« CRTと液晶 | トップページ | 好きなCDタイトル 1 »

2006年8月16日 (水)

テレビ

液晶テレビは 最新のものでもCRTで上位グレードの機種に比べてしまうとまだクオリテイが低いと感じる。液晶でも高価なものは改良が進んでいます。プラズマはレスポンス 発色も良いです 欠点は消費電力。

現在の主流は 液晶 プラズマ CRTですが それぞれの原理の違いによって得意不得意があります。 

液晶は文字のような明 暗のような表示は得意です。バックライトを遮って表示するためです。 CRTやプラズマの場合は発色ですが液晶は遮光です。黒を出すのが苦手です。コントラストは階調で表現するため精細なコントラストを出すには技術が必要です。しかし デジタル製品なので 一度出来てしまえば 簡単に製造はできます。プラズマはCRTに似ています。発色なので黒を出すのは簡単 精細なコントラストを出すのも問題有りません。調整で基準値に入れます。

アナログ製品は 設計時の調整範囲が適正な機種で 出荷までにきちんと調整が出来たものはすぐれた性能になります。 当たり はずれ とよばれるものも 調整次第で 発生します。 アナログ機器は はずれの製品は部品が問題なわけではない場合が多いので 再調整だけで 正常になるものです。 車なども 基本はアナログ機器ですから同様です。アンプ製品の半導体のばらつきなどの 調整では治せない部分は製造時に選別で合わせます。 この選別で ばらつきが決まりますが 最近では 安価に作るためと だれでも組めるように 一切選別しないで作れる方法を模索するメーカーが増えています。 オーデイオアンプでも 高級機(ハイエンド)だけは 今後も選別、調整をしてでも メーカーのポリシーを貫いてほしいと思います。

一方デジタル機器は 調整箇所もなく 階調 ビット数などは 設計時に決まってしまうので 調整はできませんので メーカー側が主導で この範囲ならユーザーは妥協するだろうという範囲で製品を作ります。 回路構成に比例するため 安価なものは画素数が少なかったり 画面が荒く感じたりします。これも当然のことです。 高価になれば 画素数も増え 性能もCRTやプラズマに近くなります。

特にテレビ電波が弱い場合に 液晶の大画面での表示は ノイズが異常に目立ち耐え難いものがある。 デジタル機器は 曖昧な信号は苦手で 輪郭補正、プログレッシブ処理などによりノイズのような画像が従来よりも目立つ。

話は変わって テレビ放送はデジタル化になります。 これから 地上デジタル放送に切り替わりますが 私の家のご近所でも 買い換え時期をいつにしようか 何を買うのが賢いのかと迷っているようです。 

製品販売をほとんどしない 修理メインの電気屋としては 今のまま使い続けて 使えなくなる頃に買ったほうがお得ですよ。と勧めています。 その前に 故障してしまって買い換える方も少なくないのですが 今 買ってしまうのは中途半端のような気がします。つなぎで 売れ筋で安価になった機種を買うべきかと思います。

私も 地上波アナログが消える頃まで 地上波アナログとBSのついたTVを使い続ける予定です。

一般のパソコンTVの画質で満足できる方であれば別ですが どの時点で買い換え または アダプターを導入するかで 費用とクオリテイの差が出そうです。

|

« CRTと液晶 | トップページ | 好きなCDタイトル 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビ:

« CRTと液晶 | トップページ | 好きなCDタイトル 1 »