« 夏の機器故障修理 | トップページ | CRTと液晶 »

2006年7月20日 (木)

フロッピーと磁石

最近 電気屋にはパソコン故障修理の問い合わせが多い。  

大変なのは いつのまにかフロッピーデイスクに入れたデータが読めなくなってしまうもの。

フロッピーは 磁石を近づけるとデータが壊れてしまう。 磁石を近づけた記憶がないのに読めなくなってしまうケースも多い。(ホコリ 傷 摩耗など) 

一般の方は 磁石に対しフロッピーはかなり弱いことを忘れているか 知らない場合がある。

フロッピーに記録しておけば消えないと思っていた時期はだれにでもあると思う。 

最近では磁気メデイアが減ってしまったせいかも知れないが パソコンと「磁石」には無頓着な方が多い。

たとえば 自作パソコンや パソコンの拡張などで使う工具の「+ドライバー」。 これに強力なマグネット付きのタイプを平気で使っていたりする。 ケースが鉄のものは簡単に磁化してしまうのに。。 磁気メデイアには大敵な磁界を作ってしまう。 他では 白版や冷蔵庫などに紙を張るときに使う丸い磁石 これを 無造作に置いていて フロッピーの隣においている方も居る。

パソコンの冷却ファンの近くや スピーカーの近く または オーデイオやラジオのスピーカーの上にフロッピーを置いている方もいる。 フロッピーのデータは磁石に弱いことを わからないことはほんとに怖い。

フロッピーが読めない と嘆く方の多くが このような磁石を近くに置いたため読めなくなってしまったもの。 よく データを修理してください と言われるがテキストファイルでもなければ完全には治せない。(バイナリーは無理) データ復活専門の業者もありますが 完全に直すことはできないのが実状。

フロッピーデイスク MO PD などのデータをまだ持っている方は できるだけ早めに光メデイア CD または DVDにコピーしておくべきです。

光メデイアも どれくらい持つのが未知な部分もありますが 紫外線をできるだけ避けて置いておくべきです。

データを作るのは大変 でも 消えるのは一瞬です。と書いている私も 急にデータが壊れて復旧に四苦八苦したことは何度もあります。 バックアップは早めにとって 気をつけましょう。 

|

« 夏の機器故障修理 | トップページ | CRTと液晶 »

コメント

フロッピーもさすがに見なくなってきましたね。

物質として形の無いデジタルデータとは、本当に脆いものですよね。重要なところが1箇所が欠けただけでデータの意味が無くなるものさえあります。

デジカメの時代になり、このデーターをCDやDVDに残す方は多いでしょう。私はCDやDVDのみに残すことは避けたいです。
これは!と思う一部の画像は、プリントにします。プリントは劣化しても見ることはできます。半分に切れても見れますし、退色しても見ることはできます。CDやDVDは半分に割れたら他の全ても見れず、記録層が劣化したら他の全てが見れません。

CD-Rにまとめたデータが事故で全てなくなってしまった、私の経験から…そうすることにしました。

投稿: ぼよん | 2006年7月23日 (日) 22:50

コメントありがとうございます。

>物質として形の無いデジタルデータとは、本当に脆いも>のですよね。重要なところが1箇所が欠けただけでデー>タの意味が無くなるものさえあります。
そうですね。 圧縮されたり 複雑な規則性のデータは一部欠落で すべて読めなくなるので 圧縮ファイルで保管することは危険ですね。

私などは 紙テープ メデイアの頃から 加工装置などのプログラムでは 仕事でコンピュータを使ってきました。

紙テープなどは 穴が開いているのが見えるのでスプライサーで修正できたものです。
座標などでも記録方法が 絶対値なら一部欠落しても その一部だけの欠落で済むのですが 相対値のデータの場合 一部欠落すると リターンゼロの位置がずれるため 欠落部以降すべてずれてします。
生産管理などの際は そのずれを利用して あえて相対データとして メデイアの欠落があると 製品にずれが生じあきらかにわかるという方法をとったこともあります。この方法では 一部欠落の不良製品は絶対に流れません。加工屋さんしか理解できないかも知れません。

テープメデイアも一部修正が出来ましたね。
同じテープメデイアでも デジタルデータを圧縮して記録したファイルなどは修正が効かなくて苦労したことがあります。 ほんとに 作るのはかなり時間がかかるのに 壊れるのは一瞬ですから データが壊れると大変ですね。

>私はCDやDVDのみに残すことは避けたいです。
>これは!と思う一部の画像は、プリントにします。
>DやDVDは半分に割れたら他の全ても見れず、記録層
>が劣化したら他の全てが見れません。
そうですね。 データがまとめて壊れると困りますね。
デジタルデータは 一般には インデックスが読めないと全部読めませんし。
印刷していなかったものに 限ってデータが壊れたりするので困りますね。

>CD-Rにまとめたデータが事故で全てなくなってしまっ
>た、私の経験から…そうすることにしました
破損を経験したのですか。 大変でしたね。

私も データは 最近では 新しいハードデイスクに記録しています。

USBタイプのステイックの FLASHDISK なども メーカーでは データ保管を保証していませんね。 あくまでも 「移動用」のメデイアとして考えたほうが良さそうです。
でも 速くて 小さなデータの保管には使いやすいので 使いながら どれくらいメデイアが持つかテストしています。(データは毎日バックアップしています)

半導体メデイアの場合 いきなり全部読めなくなるケースがあるので怖いです。

 


投稿: Q | 2006年7月24日 (月) 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロッピーと磁石:

« 夏の機器故障修理 | トップページ | CRTと液晶 »