« 古いオーデイオ機器の修理 (オープンデッキ) | トップページ | スピーカー選び »

2006年6月 7日 (水)

古いオーデイオ機器の修理 (カセットデッキ)

AKAIのカセットデッキ 再生時高レベルのノイズが両チャンネルに入るという故障。

電源周りからノイズが入っているものとして電源系の波形を計測。 案の定 蛍光表示管

回路のパスコンの容量抜けと 電源部のコンデンサ容量抜け。

計測して異状だった部品6個交換で完治しました。

2台とも完治で きっとユーザーも喜ぶでしょう。 

このようなメーカーがサポートしてくれない古い高級機器が壊れたからといって捨てられ

てしまうのはもったいないと思います。

|

« 古いオーデイオ機器の修理 (オープンデッキ) | トップページ | スピーカー選び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古いオーデイオ機器の修理 (カセットデッキ):

« 古いオーデイオ機器の修理 (オープンデッキ) | トップページ | スピーカー選び »