« 自作のバイタリテイ | トップページ | Q-Electronics Factory »

現実的な音量で楽しめるオーデイオ

このブログでは 今後 現実的な音量で疲れずに楽しめる音量の1Wから15Wで楽しめる構成のオーデイオについてつぶやいてゆく予定です。  

私は オーデイオの趣味を長くしていますが 電気や物理現象はほんと正直に働くものだと思って自作や使用、組み合わせ、改良をしています。

最近のオーデイオアクセサリーを見ると 利きそうにないものも見かけますが私は 基本的に使いません。 ケーブル、端子も一般用のものだけの使用です。 但し、接触不良についてはかなり気を使っています。 部品にお金はかけないが手間は惜しまないほうです。

オーデイオの基本形は リモコンや入力セレクトと録音出力を除くと 

入力 - 音量コントロール - アンプ  - スピーカー 

     電気信号             音波振動

です。

オーデイオを始めた当初、中学生当時の真空管アンプ自作の趣味当時から、この基本形をしっかりすることが 自分にあう良いものを選択するのが余分なアクセサリーやケーブルにお金をかけないで済む方法だと考えています。

トーンコントロールを使わないことでそれぞれの素質を素直に見るようにしています。

この基本形でさえなかなか完成は見ません。 何かの妥協は必要になるものですが 最もユーザーにとって影響力があるのは購入金額でしょうか。 

最近は イコライザー DSP など 好みに合うように調整できる機能も多いものですが ほとんどは お金をかけられず妥協している部分を補正するために使っているように思えることがあります。 

良いものは 性能をまず決めて 必要な費用をかけて良い部品をえらび、期間もかけて良い機器を開発して作れますが、先に販売する価格帯、期間がすでに決まっていてその価格帯で製品を作るという構想のメーカーはおそらく多くの面で妥協があるのではないかと思います。

そう考えると オーデイオセットは バブル期前後のものはかなり良いものが多く 当時のハイエンドモデルをきちんと整備して使うと最近の安価で省エネ最優先の機器よりは ずっと良い音を楽しめます。

気をつけたいのは 入力系はハイエンドで良いのですが アンプとスピーカーの組み合わせだけは どの音量で聞くのかで決めないと大失敗します。

1Wにも満たない音しか出せない環境(アパート住まいなど)の場合に 200W以上のアンプ + 耐入力100W以上のもの などを選んでしまうと その音量ではラジカセのほうが良いということになってしまう場合もあります。

本来は試聴して決めることが理想ですが 新品も 中古品も 試聴できるオーデイオ専門の店が減り 在庫や展示品も置かないお店が増えてしまい 試聴しにくい時代になっています。

気軽に聞ける環境があると良いのですが、現在のところ気軽に聞けるのはソニープラザなどのようなメーカーの展示場などでしょうか。

小さな音でも良い音で聞くための提言:

今手持ちのセットの アンプの歪み率カーブを見て 貴方は 最も歪みの小さな音量域が出るパワーでスピーカーを鳴らしていますか?

スピーカーの許容入力が大きすぎる場合 ダンパーなどはそれに耐えるものになっています。 当然ながら小電力ではドライブよりも制動が強い状態。そこにアンプの制動がつよいものを使っていませんか? 試しに ハイパワーすぎる場合 スピーカーに直列に4Ωから8Ω の 50W-100W程度の抵抗をつけてみてください。それで音が良くなるなら自分の聞ける音量とシステム選びの方法が間違っています。 例をあげると コンサートの音は良い。 これは すべてのシステムにおいてベストな領域で働かせているからです。

無駄のないオーデイオセット選びは 高級ならば良い音か? デザインが良ければ良い音か? 想定している音量が自分で聞く音量か? を評論や他の方の意見だけに頼らず自分で考えて判断することが重要です。 

何が必要で 何が不要か 考えて スケールダウンしたり 省略してみるだけでも音が良くなる場合があったりしますよ。

|

« 自作のバイタリテイ | トップページ | Q-Electronics Factory »

コメント

ご無沙汰しております、水戸のKです。
(いつもはメールですが今回初めての書き込みとなります。)

最近入手したAU-D907X DECADEとCDP-ESD555を35年使用して来たCS-700に
接続して音出しをしてみました。CDPは購入当初トレーが開かなかったの
で内部の清掃をしたついでに点検したらアイドルプーリー軸受け部の潤滑
膠着でした。ペネトレーターを一滴(0.5φ球大)で一発解決。プーリー部
分以外の処でやや引っかかりを感じましたが使用上問題ない様にしました。
音を出して驚きました想像以上に素晴らしい音を醸し出しております。
調整を待つ間に何とか動かしてみたかったのです。やって良かったです。

ついでにヘッドホンの件ですがATのATH-AD900とATH-A900どちらにするか
迷いました。K'sの試聴コーナーにはAT製品がずらっと有り選り取り見取
りで視聴できました。その結果、装着感を含め総合的にAD900を購入して
きました。使い始めて間もないですがとても心地よいです。

アンプ、CDP、ヘッドホンに至るまでアドバイスして頂いたお陰で楽しむ
事が出来ました。後はアンプとCDPのメンテ待ちと云うところです。

投稿: MaCoyTiger | 2008年3月 7日 (金) 20時37分

ご無沙汰しております。

>点検したらアイドルプーリー軸受け部の潤滑膠着でした。ペネ>トレーターを一滴(0.5φ球大)で一発解決。
そうでしたか 良かったですね。
潤滑剤の種類で どの業界の方か良くわかりますね^^;

>音を出して驚きました想像以上に素晴らしい音を醸し出して
>おります。
やはり あのスピーカーは電圧ドライブにしかマッチしませんよね。

>視聴できました。その結果、装着感を含め総合的にAD900を
>購入してきました。使い始めて間もないですがとても心地よ
>いです。
音を聞けて質感や感触を見て買える環境でないとオーデイオ機器は本当にほしいものが見つけにくいものですから 良い環境でしたね。
最近は 在庫を持たない店ばかりが増えてしまい 質より量になってしまいユーザーはカタログデータや他の方の評価で物を買う時代になってきてしまいました。
音に関しては「聞いて選べる環境」「操作してトータルの質感感じられる環境」は必要だと感じますね。

>アンプ、CDP、ヘッドホンに至るまでアドバイスして頂いたお
>陰で楽しむ 事が出来ました。後はアンプとCDPのメンテ待ち
>と云うところです。
そうでしたか オーデイオは あるメーカーだけにこだわるとか 
予算だけ最優先で物を選ぶと失敗する場合は多いものです。
特に新品の場合は価格が安いからと飛びつくと失敗します。
コストをかけていないのですから当然なのですが 最近では価格やデザインだけで飛びつく方のほうが増えているように思えます。

メンテナンスは 4月以降になりますが アンプはメンテナンス語に実際に特性を計測してみましょう。
以前も計測した機種ですが優れたアンプです。

投稿: Q | 2008年3月 7日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自作のバイタリテイ | トップページ | Q-Electronics Factory »